アルタ公式ページ

Alta Facebook

Facebookの軌跡

いいねランキング(直近30日)
1位:
25
【内定式動画、完成!】 2017年10月28日に開催した内定式の動画が完成しました! * 皆さま是非一度ご覧...
2位:
25
【内定証書授与式第2弾!?&本日のおやつ】 2017.11.10☆ 10月28日に行った内定式の際にハワイから中継で...
3位:
25
【展示会に出展いたしました!】 2017.11.08~2017.11.09☆ * 先週の水曜と木曜の2日間、名古屋市西区 b...
どうも、デザイナーの安藤です。
今回紹介させていただきますのは、Google mapで既に知っている方もいらっしゃるかと思いますが、咄嗟に役立つ情報を記載しておきたいと思います。

会社や目的の場所を紹介する際に、下記の内容でサイトに設置しておくとよりアクセスしやすくなるかと思います。

方法は以下の通りです。

1.Goolge Mapで目的地を検索
2.赤印のアイコンの上で右クリックしてを「ここへのルート」を選択
3.緑印の目的地アイコンに変更されたら、チェーンアイコン(リンク)をクリック
4.クリックするとリンク先が出てきますので、こちらを「送信」で送って完了です。

■サイトに掲載する場合
上記の1~4までの作業を行った後
5.「埋め込み地図のカスタマイズとプレビュー」をクリックします。
6.カスタムを選択すれば、指定のサイズになります。
※余談ではありますが、赤印だと吹き出しが出てきますので吹き出しを取りたい方にも有効な手段です。

簡単ではありますが、何かと使う頻度が高いので、紹介させていただきました。

何かの際にお役立ていただければ幸いです。

安藤
こんにちは。デザイナーの遠山です。

今回は、テクスチャについてのお話をします。

デザインにベタ塗り部分がある時、そのままだとなんだかのっぺりしていて手抜きのように見えてしまい、もう一工夫欲しいな…と感じると気があります。
そんな時は、そのデザインの上からパターンやテクスチャをかけてあげるだけでも見栄えがぐっと良くなります。

私がテクスチャを使うとき気をつけているポイントとしては、
・デザインの雰囲気にあったパターンや質感のテクスチャ素材を使う
・あくまでも雰囲気作りの補助的存在なので、あまり主張しすぎないようにする
・高級感を出したいときはテクスチャを薄めにかける、ポップさを出したいときは強めにかけるとそれっぽくなる気がします。

また、使う際に気をつけなければいけない点もありますのでご注意を。

・主張しすぎない程度と言っても、余りに薄すぎてもNGです。
そのデザインを見る人のモニターによっては柄が潰れてしまっていたり、変化が全く見られなかったりと、期待した効果が出ていないことがあります(体験談…)
・また、色々なテクスチャをごてごてと使いすぎると、逆に汚い印象を与えてしまいます。
APIの認証方法にも種類がある

プログラマーの斎田です。

前回に引き続いてAPIのお話です。
最近はAPIを触れる機会が多いです。
今回はGoogleAnalyticsのAPIを触っています。

このGoogleAnalyticsのAPIの使用方法に、
クライアントIDというものを作成する方法があるのですが、
その方法に三つの認証方法がありました。

1.ウェブアプリケーション
ユーザーのアカウントを認証する方法
相手にグーグルアカウントでログインし、
承認してもらう方法です。
ブラウザを通してユーザーがサービスを受ける場合に使われます。

2.サービスアカウント
自分のアカウントを使用して認証する方法
自分がサービスを行う場合に使います。
プログラム上にログインするパスワードなどを記述するため
一度設定したら再度ログインする必要はなくなるため、
自分のアカウントから取り出したデータを使いたいときに使用します。

3.インストールされているアプリケーション
アプリケーションで認証する方法
パソコン、携帯端末などのアプリケーションで使う方法です。
ユーザーが使いたいサービスから認証コードをもらって
それを端末側で保存して使用する方法です。

まとめると
1.ブラウザにログインデータを一時的に保存し認証する方法
2.プログラムに自分の認証コードを埋め込んでおく方法
3.アプリケーションに返ってきた認証コードを保存する方法

使用用途に応じて使い分けないと
思ったものと違う!ってことになってしまいますから
ちゃんと理解しておきたいところです。
どうも。へっぽこプログラマ丸山です。

「webゲームを作りたい!」
と言いながら、ちまちましか進まぬ私ですが、今注目のHTML5ゲームエンジン「Cocos2d-html5」の紹介。


元々、2Dグラフィック用に開発されたゲームエンジン「Cocos2d-x」ですが、Abdroid、iOS、Windowsなどの多くのクロスプラットフォームに対応し、現在ではHTML5に移植された「Cocos2d-html5」が登場しています。
Cocos2d-xとも互換性があり、Cocos2d-html5のソースコードのJavascriptからネイティブアプリのコンパイルも可能です。


日本では先日お話した国産ゲームエンジン「enchant.js」が有名ですが、Cocos2d-xも人気のあるエンジンで5億以上の作品があるそうです。

ゲームを開発には必要な構造「シーン」「レイヤー」「スプライト」などが完備されており、なんらかのゲームエンジンを触った事がある人なら、割ととっつきやすいのではないかと思います。

実際触ってみました、大量のテストプログラムが付属していて、大まかな機能を一通り動かしてみることができます。
特に驚いたのがエフェクトやパーティクルの豊富さ、TileMapの完備などなど。
そして動作が綺麗です。

これらサンプルソースを見ながらじっくりエンジンの性能を眺めているとそれだけで時が経ってしまいますが、自分ならこうやって使おうとか想像しているだけでワクワクしてしまいます。


http://www.cocos2d-x.org/wiki/Cocos2d-html5
サーバー担当の安達です。

他の人とデータのやり取りをするのに便利な「USBメモリ」、皆さんも使っていると思います。
このUSBメモリ、実はかなり危なっかしい部品である事をご存じですか?
端的に言うと、「壊れやすい」のです。

PC関連製品で壊れやすい部品の筆頭と言えばハードディスクです。
ハードディスクはPCの電源を入れるとギュイーンというお馴染みの騒音を発生させることでもわかるとおり、物理的に駆動する部品があり、それ故に経年劣化が発生しやすく、イメージ的にも壊れやすいと思われているところがあります。

一方、USBメモリは物理的に駆動する部品が存在せず、小型で衝撃にも強いため、結果として壊れにくいと思われているかもしれません。
しかし実際には、USBメモリは頻繁に書き込みをしたときはもちろん、PCに差し込まずまったく使用せずに保管しておいてすら自然に壊れてしまう部品です。
製品にもよりますが、購入後2年目くらいからすでにデータ消失の危険性はあると思った方が良いでしょう。

最近のUSBメモリは大容量のものも増えているため、ハードディスクと同じような使い方も出来てしまうのですが、イメージだけで壊れにくいと思って、メインのデータ保管場所にしたり、長期間保存するためのバックアップ用に使ったりするのは避けた方がいいでしょう。
これらの用途では現在点ではUSB接続の小型ハードディスクの方が優れています。
ハードディスクは通電の頻度が低ければ5年~10年以上持つこともありますので、「これを失ったら破滅する!」というレベルの重要ファイルは複数の外付けハードディスクにコピーを取ってから取り外しておくのが一番です。
これと同じ事をUSBメモリでしてしまうと、必要となったときにデータが消えている、という非常に怖い思いをすることになるかもしれません。

長期保存データの置き場所にはぜひぜひお気をつけください。
営業アシスタントの前田です。

寒い日が続きますね。
この時期になると手がカサカサして、スマートフォンやATMのタッチパネルが反応し辛くなり、大変辛いです。
ところで、タッチパネルってどういうものに反応するのでしょうか?

タッチパネルは大きく2つに分けられます。
外からの圧力を検地する「感圧式」(抵抗膜式)と一定サイズの静電気を帯びたものを検地する「静電容量式」で、大抵のスマートフォンは静電気容量方式が使われています。

静電容量式のタッチパネルはいつもわずかな静電気で覆われており、パネルに触れること静電気が指に吸い取られます。

これによりどの部分の静電気が吸い取られたかをセンサーが感知し、操作が実行されるそうです。

つまり、静電気を吸い取るもの、「電気を通すもの」に反応するというわけですね。
また、ある程度の接触面も必要のようです。

アルミホイルや乾電池のマイナス極など金属性のものの他、魚肉ソーセージやかまぼこなんかも反応するそうですよ。

また、先に述べた手がカサカサしている時は、静電気が発生し辛い為、なかなか反応しないということも多いようです。
あまりに反応しないときはスマホを触る前に手をこすり合わせたり、息を吹きかけるなどして静電気の発生を促しましょう。

外に出られる営業さん達は特に寒くて乾燥が厳しい所。
手袋をつけたりハンドクリームをつけるなどの対策をしていただければと思います。
こんばんは。
インターンの上野です。

コピー用紙やノートなどで有名なA列、B列ですが、なんといってもその特徴は半分に折っても縦横比が同じになる、ということでしょうか。

その為の比を計算してみると横:縦=1:√2という比になっているようです。

このようなA列、B列はISOという団体が標準化をしているようです。

一方でANSIも似たような物を作成していて、こちらは数字の代わりにアルファベットを使用する様です。Aを最小としてB,C,D,...と倍々になっていく様です。

その性質はAから始まって面積が倍になると共に縦横比が1.294と2/1.294(=1.546)の間で交互に入れ替わる、というものだそうです。

何だか綺麗なように見えますが、考えてみると普通だったりするので判断に困るところですね。
色は人に強い印象を与えます。
即決行動の90%は、色彩のみをベースに行われる場合もあります。

色彩心理はデザイナーに限らず、プレゼンやマーケティングなどの広い場面で利用されます。
色彩よる演出は、製品に大きなインパクトをもたらす兵器なのです。
色彩の持つインタラクティブな影響の研究では、「ブランドと色彩の関係は、あるブランドに適したカラーが使われているかどうかで決まる」ことが明らかになっています。

写真のレストランは、見るものを惹きつける工夫がされています。
一見、ライトに照らされてるようですが、黄色に色付けされているのです。
このアートなレストランにより、ただの路地裏が一躍名所となったのです。

2014年のトレンドカラーは「Radiant Orchid(ラディアント・オーキッド)」。
色彩効果と視覚効果を活かした、効果的なデザインに臨みたいです。


レストラン「Rayen」
http://blog.jelanieshop.com/interior/restaurant-rayen-in-madrid-by-design-team-fos/



デザイナー 村木
こんにちは、エクストリーム出社に挑戦→失敗を繰り返しています。
デザイナー田中です。

HTML5がかなり普及してきましたね!
仕様が確定してから早1年。まだまだフル活用とまではいきませんが、HTML5で書かれたソースを、サイト規模の大小問わずとにかくよく見かけます。

IE8以下にも対応する案件の場合、HTML4.01でコーディングしたほうが無難ではありますが、HTML5で書いたほうが後々に何かと応用が効きそうですよね。

そこで、今回は田中が案件でHTML5を使用する際に、導入しているものについてご紹介したいと思います。
大丈夫、HTML5は怖くない!!


■html5shiv
https://github.com/aFarkas/html5shiv
HTML5で増えたheader、sectionなどのタグを、タグと認識させるコードです。
GitHubから落とし、distディレクトリ内のものをjsフォルダなどにポイっと放り込んで、IE9未満のみに適応させるための分岐タグを.htmlへ記入して、まず第一段階完了!

<head>
<!--[if lt IE 9]>
<script src="/js/html5shiv.js"></script>
<![endif]-->
</head>


■IE9.js
https://code.google.com/p/ie7-js/
IE9未満のブラウザ(IE6~IE8)を、IE9に近づけるためのものです。
Googleからコードが提供されているので、こちらの導入はとてもお手軽ですね。
上記のhtml5shiv.jsと2つセットで使われることが多い印象です(´(ェ)`)

<head>
<!--[if lt IE 9]>
<script src="//ie7-js.googlecode.com/svn/version/2.1(beta4)/IE9.js"></script>
<![endif]-->
</head>


■新タグにblock;をかける
さらに、HTML5のタグを正しく認識させるため、CSSでblock要素だと教えてあげます。
リセットcssなどに書き足してあげましょう。

article, aside, details, figcaption, figure, footer, hgroup, header, menu, nav, section {
display: block;
}


これで古いブラウザを気にせず、HTML5を使用することができるようになりました!

HTML5からはマークアップタグが構造化し、機械でもどういった情報が記載されているかを認識しやすくなっています。
正しいマークアップ、かつ美しいコーディングを心がけていきたいですね!
こんばんは、リスティングプロフェッショナルの宮田です。

今回はgoogleが新しい検索結果のテストを実施している、という情報をお届けします。

一部の検索を利用している人に対して実施を行っている為、残念ながら画像での比較はご提供できないのですが、下記5点が主な変更点のようです。

1.検索結果のテキストの文字サイズが一回り大きくなりました。
2.GoogleAdWords(リスティング広告)の「○○に関連した広告」という文章の削除されました。
3.ユニバーサル検索結果表示時のラベル名称変更:例えばニュース検索結果が挿入される場合、現在は「○○のニュース検索結果」といった具合に表示されますが、新検索結果画面では「ニュース」とカテゴリ名だけが表示されるようにラベル名称が変更されました。
4.関連するキーワード表示欄の区切り線追加:自然検索上部の「他のキーワード」、自然検索下部の「○○に関連する検索キーワード」それぞれの欄に、区切り線が追加されました。
5.現行の検索結果と比較して、情報と情報の間にスペースが広がりました。

下記5つを挙げましたが、変わったな、と気付くのは文字サイズと余白の増加位ではないでしょうか。
SEOという観点からはパンダやペンギン、ハミングバード等名前に上がってきますが、こういったUIの改善もGoogleは現状に甘んじる事なく進めているようです。

もし皆さんがgoogleのテストに選ばれたら、感想を頂けると嬉しいです。
それでは、また次の記事でお会いしましょう。
こんにちは、自分のディスクにサボテンを置きたいなーと考えているデザイナーの尾関です。
マスクをする社員が増えたら、花粉症ではなく風邪なのだと言い聞かせます。

今回は、意外と便利なフォトショップのプラグインをご紹介します。

『GuideGuide』
http://guideguide.me/
簡単にガイドを作成できるプラグインです。
サイトデザインやバナーを作成する時、デザイナーの方はレイアウトのバランスを見るためによくガイドを活用します。しかし、正確にガイドを配置するために新規ガイドでわざわざ位置指定をする……というのも面倒です。かといって、フリーハンドだとズレが生じてしまいます。
そんなときにこのプラグイン!(ジャ●ネット風)
オプションを開けば、いくつか項目が出てきます。画面のふちや選択範囲からの距離や分割数を指定し、ガイドを生成してくれるというものです。一見地味な機能かもしれませんが、見栄えの良いデザインが作れます!


対応バージョンはCS5・CS6とCCです。
全バージョン対応なら、個人的にもっと喜びます。
どうも、デザイナーの安藤です。
今回紹介させていただきますのは、とある動画を紹介させていただきます。

こちらの動画の内容ですが、フィリピンの教科書は、とても大きく重たいようで、背負って学校に通う子どもたちの背骨が変形するほどの被害がでているそうです。

そんな状況化で、通信会社SMART COMMUNICATIONSは、教科書のデータを入れたSIMカードを配り、使われなくなった沢山のフィーチャーフォンに挿入して教科書代わりとすることで、その課題を解決しました。

様々な技術・テクノロジーや既に利用されなくなったツールも使い方によって、場所や条件を変えれば、社会の貢献につながると実例が紹介された動画になります。

私自身も多くの視点から、アイデアを生み出すことができればと思います。


http://www.youtube.com/watch?v=l00ttBHY82c
今回は、webデザイン制作に付き物の「良いデザインが浮かばない!」「いつも似たようなデザインばかりになってしまう!」といった悩みを解決できるかもしれない便利なサイトをご紹介いたします。

「Croppy」(クロッピィ)
http://croppy.org/
気になるサイトのデザインをブラウザ上で切り抜いて、簡単にスクラップすることができるサービスです。
登録されたパーツは「ヘッダー」「ロゴ」などカテゴリ別に見ることができるので見たいデザインがすぐ探せます。

他のユーザーがCrop(投稿)したデザインを眺めているだけでも良い刺激になりそうです。

また、他にも一部分のデザインにだけに特化したまとめサイトも多数ありますのでご参考にどうぞ。

「フッターデザイン.com」
http://footer-design.com/

「Retrobanner」
http://retrobanner.net/

「ファビコンギャラリー.com」
http://favicon-gallery.com/
どうも。へっぽこプログラマ丸山です。


ユーザーのマルチディバイス化が進み、何かと注目されている「レスポンシブ」ですが、構築する際、使われている記述は大きく3つだけです。

これを組み合わせることによって、レスポンシブを実現している訳ですが、どれも難しい部分はありません。

今回はレスポンシブサイトを構築する際の、基本的な概念を説明させて頂きます。


■ビューポート指定
メタタグに、画面サイズやら倍率やら指定します。
まぁレスポンシブサイトを作るときのおまじないみたいなもんです。

<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0" />


■フルードグリッド、フルードイメージ
サイズを%指定して画面のサイズにフィットするようにレイアウトします。


■メディアクエリ
閲覧環境に応じてCSSファイルを切り替えてる手法。


・画面サイズが600px以下に適応させるスタイルシートファイル
<link rel="stylesheet" media="screen and (max-width: 600px)" href="small.css" />


ちなみに・・印刷用のCSSに書き分けるmedia="print"ならなじみの多い人も多いかもしれませんね。
<link rel="stylesheet" media="print" href="print.css" />

理屈はこれと全く同じです。



・スタイルシート内での切り替え
@media screen and (max-width: 600px){
/*この中にCSSを記述*/
}

レスポンシブに必要な記述の基本はたったこれだけです。



■まずは挑戦!
ちょっとだけレスポンシブに挑戦してみたいって人は、まずはプチ最適化から初めてみてはどうでしょうか。


#logo{background-image: url('logo_big.gif');}
@media screen and (max-width: 600px){
#logo{background-image: url('logo_small.gif');}
}
(実際はもっと記述が必要ですが省略)

画面サイズが600px以下のときはロゴ画像を「logo_small.gif」に差し替えます。


レスポンシブwebサイトを構築する際は、ワンソースで対応できる計算された柔軟なマークアップと壮大な定義CSSを準備しなければならないのですが、今回はちょっとだけ、そのレスポンシブの仕組みを理解できたでしょうか。
公式以外でもfacebookが表示できちゃうAPI

プログラマーの斎田です。
本日はAPIのお話をしたいと思います。

アプリケーションプログラミングインタフェース (API、英: Application Programming Interface) とは、ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。(出典:wikipedia)

一言で言うとネット上のサービスのデータのやり取りを簡単にしてくれるアプリケーションです。

これは様々なサービスで提供されています。
例えば、このフェイスブック。
APIの提供がされています。

このAPIで何ができるかというと、フェイスブック公式以外でも投稿やデータの取得ができます。

一般公開されているので、やろうと思えば、自分のフェイスブックを自分のHPに好きなように表示する事だってできます。

フェイスブックだけならず、他のウェブサイトでも自分のフェイスブックを読んでもらうのにお勧めです。

フェイスブック公式で、APIを利用したサービスが提供されています。

https://developers.facebook.com/docs/plugins

ただし、APIはサービス者の手によって更新されるため、
便利といって頼り切っていると、仕様の変更で手痛いダメージをもらうことがあるので注意が必要です。

しかし、ソーシャルメディアによるページアクセスは現在注目されているので、こういったサービスをうまく活用して行きたいですね。
こんにちは、デザイナーの安藤です。
本日、名古屋春節祭に行って参りました。

この度で名古屋中国春節祭の
ホームページ運営管理をさせていただきまして、
今年で4年目となりました。

月日が経つのは本当に早いものです。

特別協力として私どもアルタの社名も記載されております。
写真の左側のになります。

こちらの催しになりますが、新春のお祝いに縁起物の獅子舞・龍舞、さらに今年も、中国本土から特別に女子舞踊、変面、雑技など
演芸集団を招き、日本舞踊、和太鼓、総踊りなど日中友好共演を開催しております。

本日より、本日11日(土)12日(日)13日(月)まで、
名古屋市中区栄の久屋広場で開催いたしておりますので、
機会がありましたら、足を運んでみてはいかがでしょうか。
年末年始のぐうたらで
体重計に乗るのが怖い営業アシスタント前田です。

鏡で見た分にはまだ大丈夫、まだ大丈夫と思いますが、
写真で見たりすると…現実を突きつけられるようでこう…居た堪れなくなりますね!(泣
せめてここのお肉がなくなれば…そんな願望誰もがもったことあるのではないでしょうか?

そんな願いを叶えてくれるのが、我らが魔法のツールPhotoshop。

方法は様々ありますが
中でも良く使用するのが「ゆがみ」フィルタ。
前方ワープツールで痩せえさせたい部分を少しづつドラッグするだけ!
違和感が出ない程度にひたすら修正、補正していきます。
縮めた分、その他の部分が引き伸ばされるので、ご注意を。
そのままにしたい部分はマスクツールで選択しておきましょう。

加工過程の動画を見つけましたので紹介します。

■マツコ・デラックスを痩せさせてみた photoshop diet
http://www.youtube.com/watch?v=9_Bl6awkBMw

NTTコミュニケーションズの新CMでも激痩せ画像が話題を呼びましたが、マツコさん、痩せると本当に美人になりますね…

因みにフリーソフトのGIMPでも同様に加工出来るようですので、
Photoshopを持ってないけど加工してみたい!という方は是非。

■GIMP(Photoshopのように痩せれる?加工)
http://www.youtube.com/watch?v=FMaGHo7EFzc

現実でもこんなに簡単に痩せられるといいですね…(白目)
とはいえいくら加工をしても現実は変わりませんし、
ありのままを写してくれるのが写真のいいところでもあると思うので、加工はほどほどに。
あけましておめでとうございます。
インターンの上野です。

さて、黄金比という言葉をご存じの方も多いと思います。
曰くギリシャの彫刻でよく使われているだとか、曰く人間が美しく感じる比率だとか。

この比を数字で表すと1:1.61803...となります。
平方根を使った式で表すと1:(1+√5)/2となっています。

実はこの黄金比、簡単に作ることが出来たりするそうです。
正方形の中点と逆側の頂点を結ぶ線を半径とする円を描いて中点のある線を延長して交わらせればそれで出来上がり。

因みに日本人が大好きらしい大和比は正方形の一辺の長さと対角線の長さの比だそうです。
こちらの方が作りやすいですし、日本人はお得ですね。
目が覚めたら年越ししていました。
デザイナー田中です。

2014年こそ新しいものにチャレンジしてみたい!と思う方へ向けて、<Kickstarter>についてご紹介したいと思います。
日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では非常に熱い旬なサービスのひとつです。

Kickstarterの概要:
資金調達したいプロジェクトを<Kickstarter>上へアップし、出資を募るサービスです。
また出資する側のメリットとして、プロジェクトが成功などをしたら、出資額に応じて報酬がもらえたりします。
海外のスタートアップ企業では、このサービスの利用(マーケティング目的など)が多く、日本でもいくつかのアニメ制作会社が利用し、資金調達に成功しています。

この<Kickstarter>上で発表されているプロジェクトのジャンルは様々あり、アート、コミック、映画、ゲーム、ファッション..などなど。
特に私が注目しているのは「デザイン」!シンプルだけど画期的なアイデアだったり、ひたすらオシャレなデザインのものなど、物欲を刺激されます。

実際の出資方法ですが、クレジットカードがあればOKのようです。
オール英語でも、今は翻訳サービスも充実しているため言語の違いによるハードルも低めなのではないでしょうか。
間接的にでも、製品開発などに関われたものが成功したらきっと嬉しいでしょうね!
さらに、それが実際に手に入ったら…!

まだ出資はしたことないけど、近いうちにしてみたいデザイナー田中でした。
http://www.kickstarter.com/
こんにちはデザイナーの遠山です。

今回は、Illustratorの便利な機能をご紹介いたします。

よくPhotoshopでレイヤーマスク機能(徐々に透明になる処理)を使って、写真と写真を滑らかに繋げた加工をするのですが
、その画像をIllustratorで使いたいときに、わざわざPhotoshopとIllustratorを行ったり来たりするのは面倒臭いですよね。
実はこのレイヤーマスク処理はIllustratorだけで出来てしまうんです。

手順としては、
①透かしたい画像とグラデーションをかけたオブジェクトを用意。
グラデーションで黒くなっている部分が透明になります。

②処理を行う画像とグラデーションを両方選択。

③「透明」ツールから「不透明マスク」を選択。

④完成!

以上です。ね、簡単でしょ?
この機能はかなり古いバージョンからあったようですが、CS6になってようやくボタンに昇格したみたいですね。
新年、あけましておめでとうございます。
デザイナーの村木です。

Webデザインの進歩は速い。
2014年、さっそく新たなWebサイトが次々と公開されています。

<【2014】新年さっそく公開されたすごいWebサイト>
http://creive.me/archives/4045/

トレンドと騒がれていた2013年のデザインは、もはや時代遅れとなります。
原因のいくつかは、技術の飛躍に引きづられたバットデザインのせいではないでしょうか。

ほかには、スポットライトを浴びすぎた例もあります。
皆こぞって同じものを作るのです。
クライアントが忙しいと要望が上がりません。
そのためどうしても、どこかでみたデザインになってしまうのです。

<2014年に持ち越すべからず!時代遅れなウェブデザイントレンド10選>
http://ja.wix.com/blog/2014/01/%E6%99%82%E4%BB%A3%E9%81%85%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%8910%E9%81%B8/


消えゆくサイト中で、どのようなデザインが生き残るのか、議論すべき時期なのかもしれません。
2014年は、新たなデザインにアンテナを張りつつ、一般ユーザー目線を忘れないように頑張りたいです。
1月1日の中部経済新聞の記事です。
ギャラリー4枚ありますが、わかりにくいとご意見を頂いたので
再度、画像を1枚ずつアップします!
1月1日の中部経済新聞の記事です。
ギャラリー4枚ありますが、わかりにくいとご意見を頂いたので
再度、画像を1枚ずつアップします!
1月1日の中部経済新聞の記事です。
ギャラリー4枚ありますが、わかりにくいとご意見を頂いたので
再度、画像を1枚ずつアップします!
1月1日の中部経済新聞の記事です。
ギャラリー4枚ありますが、わかりにくいとご意見を頂いたので
再度、画像を1枚ずつアップします!