アルタ公式ページ

Alta Facebook

Facebookの軌跡

いいねランキング(直近30日)
1位:
25
【内定式動画、完成!】 2017年10月28日に開催した内定式の動画が完成しました! * 皆さま是非一度ご覧...
2位:
25
【内定証書授与式第2弾!?&本日のおやつ】 2017.11.10☆ 10月28日に行った内定式の際にハワイから中継で...
3位:
25
【展示会に出展いたしました!】 2017.11.08~2017.11.09☆ * 先週の水曜と木曜の2日間、名古屋市西区 b...
こんばんは!毎日布団から出るのが戦いな宮田です。

寒いと思ったら、もう12月間近ですね!
もう12月だったらごめんなさい。

さて、今回紹介するのはこちら。
「衝撃!2013年2月には既にウェアラブルデバイスが存在した!?装着型デバイスMYOを追え!」
水曜スペシャル探検隊風にご紹介しましたが、まずは映像を見て下さい。

http://youtu.be/oWu9TFJjHaM

かぁっこいいです!
プレゼンテーションの時にあの動きをされたら、プレゼンよりも手の動きに注目しちゃいますね!
2014/11/26にMyoがようやく届きました、といった様なブログを発見したので、実用段階に到達したのはつい最近のようです。

仕様を調べた所、MacOSとWindowsは完全にサポートされているようです。
また、AndroidとiOSに関してはアプリ開発者がAPIを導入すれば対応が可能とのこと。
Bluetooth 4.0なので、射程は10m程度。
物体を操縦して移動させるタイプとは相性が悪そうです。

実はGoogleGlassとの連動動画もあり、SFの様なプロモ動画が流れています。

http://youtu.be/OgIM0aYuijY

日本に正式に来たらちょっと買ってしまいそうなデバイスだったので、ワクワクしながら待つ事にします。
では、また次回お会いしましょう。
こんばんは。
上野です。

さて、前回OSI参照モデルというものがある、というお話をさせていただきました。

その中の第1層として物理層と言うものがありました。

OSI参照モデルのNo.1を冠するけれど強いわけでもありません。

さて、物理層とは何か、と言うのは名前から何となく想像ができそうな気もしますが、かと言って正確な想像も難しい気もします。

では具体的に物理層に属するものは何かと言いますと、次のようなものが物理層に属しています。

RS-232、802.11a、802.11n、100BASE-TX等など

つまりは物理的な実体を持っている企画などが含まれるようです。
コネクタの形状やピンの配置、電圧や電気信号と情報の変換等の規格を考える部分ですね。

無線LANの実体と言われるとなんだか想像しにくいような気もしますが、無線電波はどことなく物理的な感じがしますので問題ありませんね。
内定式の様子を動画に映したのですが、
それの個人版DVDが、ついに完成しました!

せっかくなので、デザインする上でこだわったポイントをご紹介したいと思います。(他に書くところないし…)

・水引をメインモチーフに!
結び方にもこだわり、強く引っ張ると解けないことから「末永くお付き合いしたい」という意味のある「あわじ結び」を採用しました。
いかにもおめでたい、っていう印象に仕上がっていると思います。

・今風のデザインに!
渋くならないように、洋風な要素も取り入れながら「現代的な和」を意識して作成しました。

・裏にはフリースペースを用意!
加藤社長に直筆メッセージを入れていただきました!

内定者のみなさんのお手元には、近日届くと思います。
楽しみにしていてくださいね!

田中
こんばんは。
上野です。

皆様はOSI参照モデルというものをご存知でしょうか。

ネットワークに関連するお仕事をする方ならば
よくよくご存知のことかもしれません。

OSI参照モデルとはISO(国際標準化機構)が策定したもので、通信機能を7つの階層に分けて定義したものです。

ISOがOSIを策定とは洒落ていますね。

因みにOSIはOpen Systems Interconnectionの略で日本語に訳すと開放型システム間相互接続だそうです。

さて、OSI参照モデルは通信機能を7つの階層に分けて定義する、と書きましたが、一体どの様に分けられているのでしょうか。

以下がその7つになります。

第7層 アプリケーション層
第6層 プレゼンテーション層
第5層 セッション層
第4層 トランスポート層
第3層 ネットワーク層
第2層 データリンク層
第1層 物理層

数字が小さくなるほどにユーザーから遠ざかるような気がしますね。
こんにちはデザイナーの遠山です。
日本の文字って好きですか?
デザインで文字入れをするときはどうしても英語の方が格好良く見えるので英語を使いがちです。
そんな中、ちょっと衝撃を受けた記事を見たのでご紹介します。

一流ブランドの日本語デザインが斬新すぎて新鮮
http://matome.naver.jp/odai/2141632542949778201

有名ブランドの商品のデザインに大胆にカタカナが配置されています。
日本人のほとんどの方が「こ、これは…」と何とも言えない気持ちになると思うのですが、海外の方から見ると格好良く見えたりするんでしょうか?
個人的にはほとんどがゴシック体を使っているのもポイント高いと思います!
もし日本語を使ったデザインが海外で流行ったらちょっと面白いですね。
こんにちはデザイナーの安藤です。
今回紹介させていただくのは、OTFフォントについて
紹介させていただきます。

OTFフォントはAdobe Systems社とMicrosoft社が共同開発したフォントファイル形式です。
メリットはクロスプラットフォームに対応できることですね。
例えば、WindowsでもMacでも利用できるフォント形式ということです。

また、OTFフォントにはいくつか種類がありますので紹介いたします。

種類はA-OTF、U-OTF、G-OTFなど種類があるそうです。
簡単に説明するとA-OTFがアドビ規格、U-OTFが新聞社用に定めた規格、G-OTFが学参用とのこと。

OTFフォントと言っても多数の種類があるので、まめ知識程度に知っておくと良いかなと思います。

安藤
こんにちは、自称・自重しないデザイナーだったのに最近色々自重しているデザイナーの尾関です。
何を自重しているかは企業秘密です。

今回は、グーグルのハングアウトについてお話します。
活用している方は、ビデオ通話やチャットができるということをご存じですよね。では、チャットで落書き機能が付いていることはご存じですか?
メッセージを入力する欄の右にカメラアイコンがついているのですが、カーソルを合わせると鉛筆アイコンが出てきます。それをクリックすると、なんと落書きができるのです。
ハングアウトを使っていてもこれは気づきにくいなーと思ったので、紹介させて頂きました。
以上!

…だけだとさすがに物足りないので、私たちデザイナーが描いた絵の進化過程をお見せします。
11月某日

アルタ恒例のサプライズ誕生会がまたしても開催!しかもおきて破りの事前祝い☆綿密な打ち合わせ、抜かりない準備。今回こそはビックサプライズになるはず。。。

だったがそこはアルタ流。こっそりと準備していた女性社員が見つかってしまいアタフタ。しかも言い訳が「このケーキは(クライアント名)さんか何かの・・・」苦しすぎる。。。

それで察したご本人。なんだかなぁw

しかしプレゼントはうれしい人型寝袋。これで何時までも仕事ができますねっ!更に社長の似顔ケーキで嬉しさ倍増♪ケーキ入刀も力が入ります!!

こんなサプライズ失敗も楽しんじゃう。アルタは最高ですね☆

さぁ~て次の犠牲者は誰なのかな???

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

今回プレゼントで用意したケーキは「マーメイドケーキ」様で注文しました。似顔絵ケーキやキャラクターケーキなど記念日にぴったりな
オーダーケーキでサプライズを演出しませんか?
詳しくは、http://www.facebook.com/mameidecake をチェックしてくださいね。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
普通のお豆腐にオリーブオイルと岩塩をかけていただくのが最近ブームの、デザイナー田中です。

本日の記事は、前回に引き続きフォントランキングです。
■これがプロが本当に好きなフォントだ!アルタデザイナーに聞いた、好きなフォントランキング!
今回はフォント知識なくてもお読みいただける…と思います。

さて、気になる集計結果ですが、
1.リュウミン
2. フォーク
2. 中ゴシックBBB
2. ゴシックMB101
見事にバラけましたね。

これらのフォント、聞き覚えのない方が多いのではないでしょうか。
今回は「モリサワ」というフォント会社から販売されている、プロの要求に応えられるお高いフォントの中から選んでもらいました。
1年数万円とかかかります、なかなか個人で導入するにはハードルが高いですよね。

せっかくなので、それぞれがどんな場面で使用されるのかをご紹介したいと思います。
---------------------------------
■リュウミン
正統派な明朝書体です。
太さも揃っていて、非常に使い勝手がよいフォントです。
ホテルや、結婚式場を初め、高級感を必要とされる場面でよく使われる印象があります。

■フォーク
ゴシック系ではあるのですが、特徴的な形をしていて、使うと現代的な可愛らしい雰囲気に仕上がります。
飲食店(洋菓子やカフェ)、幼稚園、他明るい印象が求められる場面で見かけます。
姉妹に「丸フォーク」がいます。

■中ゴシックBBB、ゴシックMB101
どちらもオーソドックスなゴシック体で、クセがなく使いやすいフォントです。
太さのバリエーションは「ゴシックMB101」の圧勝ですが、上品で小さい文字でもつぶれにくく、明朝体とより相性がよいのが「中ゴシックBBB」です。
とにかくいろんな場面で使えるので、身近にいるかも。

---------------------------------

「3位「HG丸ゴシックM-PRO」2位「MS 明朝」、1位は? 社会人に聞いた、好きなフォントランキング」
http://student.mynavi.jp/freshers/outline/2014/11/14110611.html
日本のWebデザイン記事は、海外のWebニュースを翻訳したものが多いです。
海外のWebニュースサイトには、最新のトレンドに加え、ウェブマーケティング、テクノロジー、スタートアップやベンチャー企業などの情報もまとめられています。
今回はWebデザイン関係に焦点を置いて、実用的な記事を扱っている海外サイトを紹介します。
英語が読めなくても翻訳ツールを駆使すれば、画像やソースからだいたい分かるのではないでしょうか。

1:SMASHING MAGAZINE
http://www.smashingmagazine.com/tag/html/
豊富な記事が見やすくカテゴリーされています。
コラム系の記事が多くさっくり読めます。素材の無料配布記事も掲載されています。

2:WDL
http://webdesignledger.com/
WebデザイナーのためのWebデザイナーが書いた記事を扱っています。
実用的な記事が多く、チュートリアルや素材の配布、デザイン指南記事も掲載されています。

3:speckyboy
http://speckyboy.com/
記事自体の内容が濃くボリュームがあります。
Webデザイナーが立ち上げたサイトで、現在は複数人によって運営されています。
個人的に海外のデザインニュースサイトは文字が大きいので、日本のニュースサイトより読みやすい印象があります。

流れの早いIT業界では、自分に情報が届くまでに時間がかかります。
海外サイトも活用して最新のトレンドをいち早く入手しましょう。

村木
去る11月13日、中日ビルにて弊社社長の加藤が講演を致しました。

アルタ創業前、社長の銀行員時代の経験談やアルタの歩んできた道程、フィリピンに関するお話などを熱く語っておりました。

合間合間に小粋なジョークを挟んだり、身振り手振りで熱く語ったり。

講演をお聞きになっている方々からも時折笑いの声や感心の声が上がっており社長の話に引き込まれていらっしゃるご様子でした。
こんにちは。人生に疲れたときは「犬 モフモフ」で検索する、営業の森です。
今日は動画の話をします。

ホームページに動画を掲載したり、ユーチューブで動画を使って広告をしたりするケースが増えています。
動画使っていますか?
どうしようかなあと悩んでいる方のために動画を使ったほうが良い場合をまとめました。

①商品が動くものの場合

商品が動くんですから、動画を使ったほうが良いに決まっています。
工業機械などでも同じです。動いているところを見た方が、安心できますよね。

②違いが分かりにくい場合

飲食などの類似サービスが非常に多く、特長を打ち出せていない場合お勧めです。
動画であれば、オンリーワンが伝わります。

③一言で説明できない場合

商品やサービスを一言で説明できるかどうか考えてみてください。
もしできないなら動画を使う方がよいです。
説明すると長くなってしまいますし、ユーザーが長い文章を読んでくれるとは限りません。

④音が関係する商品の場合

音が出る商品、音が小さいことが売りの商品など、音に関わるものであれば、動画を使って音を出したほうが絶対に良いでしょう。

⑤人間性を伝えたい場合

コンサルタント・講師・接客など人柄を伝えたい場合は、動画は最適です。
話し方や仕草などが伝わることで、親近感も持ってもらえます。

どうでしょうか、皆さんの商品・サービスは動画で表現する方がよいものですか?
どうも。へっぽこプログラマ丸山です。

webページを作成中に、まだデータが存在しておらず、本来、画像が入るところにダミー画像を置いておきたいシーンはよくあります。

欲しいサイズのダミー画像を作成しても良いのですが、画像サイズが確定してなかったり、いちいち作るのも面倒なので、そういうwebサービスが存在するので利用するのも手です。

すばやくダミー画像URLを作る事ができる
ダミー画像ジェネレーター
「Dynamic Dummy Image Generator」
http://dummyimage.com/

【使用例】
例えばこんな感じにアドレスの後ろに欲しい画像サイズを入れるだけ
http://dummyimage.com/300x200

これだけで画像になっているので
<img src="http://dummyimage.com/300x200" />
のように使えます。

様々なオプションも用意されており、これで不足に感じる事はほぼ無いのではと思います。
ドメイン名も使い方も覚えやすいので便利です。

また、ソースファイルも公開されているので、自前に設置しておくのも良いでしょう。

まぁ・・・設置する手間をかけるなら、そのままこのサービスを使うのをお勧めしますが。
10月某日
アルタのマスコット的?存在の宮田くんのサプライズ誕生会が行われたのですが。。。期待を期待を裏切らない展開は流石ですねw

それでは本人のコメントをどうぞ!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
こんばんは!27歳になったアルタの宮田です。27歳の誕生日を迎えた訳ですが、誕生日より一足早くアルタ社員達からお誕生日サプライズを頂きました。ですが、ちょっとした手違いで私が裏口から入ってしまい、入り口で待ち構えていた社員達の不意をついてしまいました!気まずい空気の中、誕生日なのにみんなに謝る羽目に…トホホ。

そんな中始まった誕生日サプライズに、社員達からのプレゼントはマフラーを頂きました。そろそろ寒くなる季節なので、嬉しいプレゼントだったのですが…。なんと社長から頂いたプレゼントもマフラー!
プレゼントがかぶるという二段オチまであり、最初から最後まで印象的な、思い出に残る誕生日となりました。

アルタのみなさん、社長、誕生日サプライズをありがとうございました!
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

社内に明るい笑いを振りまいてくれる宮田くんに感謝感謝ですね^^
プログラマーの斎田です。

自分が新しいと思ったことが実は古いことがあります。その逆も然り、自分が思った新しいことが常に人にとって新しいとは限りません。

「チェキ」をご存知でしょうか?
1990年代に富士フィルムが発売したその場で撮った写真がでてくるインスタントカメラです。
私は20代なので、小さい頃に見たことがある程度ですが、全盛期の頃の方たちは良くご存知だと思います。

最近、このチェキの売り上げがデジカメを上回ったそうです。
いまさら何故?と思う方もいると思います。

その理由は複数あります
まず国内外の人気です。
2007年韓国ドラマにてチェキが使用されたことで韓国でチェキの人気が沸騰しました。
そして2009年中国でも有名ファッションモデルがチェキを使っているとブログで書いたことにより中国で話題に。

さらに、デジカメ世代の女性(10~20代)の間でチェキの人気が復活しつつあるそうです。
デジカメ世代にとって、チェキは新しいものに見えるそうです。

インスタントカメラは、誰が撮影しても絵画っぽい写真になり、その場で現像されるただ一枚の写真という雰囲気と希少価値がありさらにはメッセージを書き込めるということで、結婚式やパーティーなどで必須ツールになりつつあります。

TV、インターネット、世代が重なってここまで人気が沸騰したんですね。

古いものであろうと、人によっては新しいものになります。
古いものでも良いものの価値はいつだって変わりません。
良いもののことを忘れずに次のものを作っていきたいですね。
今回は、日本と世界の携帯市場についてお話します。
携帯サイトを作る時に頭の片隅にでも入れてもらえれば幸いです。

2014年7~9月の世界スマートフォン市場調査が公開されました。
OS別のシェアは1位のAndroidが83.6%、2位のiOSが12.3%でAndroidが大きく引き離した結果になりました。
日本の市場はというと、4~6月出荷台数はiPhoneが29.1%を占めています。
日本はアップルの母国であるアメリカを差し置いて、世界一のアップル王国です。
売れている理由は、値段が安いというのが大きな要因でしょう。
諸外国でiPhoneは高級品、Androidは低コストという認識が強いため、Androidが広くシェアを確保しています。
一方、日本では各種条件はありますが本体代金が一括0円でiPhoneがバラまかれているのです。

更に日本の市場は特異で、iPhoneでもAndroidでもなく、ガラケーことフューチャーフォンも根強い人気があります。
今年3月の契約数シェアは、スマートフォンとフューチャーフォンがおよそ半々になります。
ジーエフケー・マーケティングサービス・ジャパンによるアンケート調査では、4人に1人がフィーチャーフォンを選択しています。
理由は、64%が「フィーチャーフォンで不自由ない」とのことです。
AndroidとiPhoneが競い合っている中、フューチャーフォンも6年間でカメラ機能やインターフェイスも強化されております。
今後も複数の企業が競い合って商品が進化していく状況は、消費者にとって喜ばしいことになるでしょう。

村木
最近美味しい豆腐を食べるのが好きです。
デザイナー田中です。

本日の記事は、
■メイリオ?ヒラギノ?アルタデザイナーに聞いた、好きなフォントランキング!
ちょっとフォント知識が必要です。

先日、「社会人の方が好きなフォントランキング」という記事をみかけ、とてもその内容が興味深かったので、
アルタ社内のデザイナーに選んでもらったらどうなるかな?と思って、やっちゃいました。
何が興味深かったって、想像していたフォントがランクインしていなかったんです…メイリオとか。

さて、みなさん、アルタデザイナーの人気一位は何だと思いますか?
ちなみに、先ほどの記事では、「MS ゴシック」「MS 明朝」が1、2位の座を占めていました。
確かに、オフィスのPCってそんな感じですよね。

結果発表!じゃじゃん!
1.ヒラギノ
2.HGP教科書体
2.Times New Roman

ヒラギノフォントのぶっちぎり一位!でした。想像通りでしょうか。
コメントもいただきました!
------------
ヒラギノ
・クセも少なく、ウェイトも各種揃っていて美しいフォントだから。初期フォントにも関わらず、そのままデザインに使えるところはさすがです・きれいで読みやすいフォントを使いたいと思った時、ヒラギノが一番使いやすい。
・とくになし

HGP教科書体
・しっかりしてるけどほんのり手書き感がある子、崩しな感じもなく、代わりになるフリーフォントをなかなか見つけられなかった。

Times New Roman
・なんとなく
------------

ところで、このランキング、英字も明朝もゴシックもごちゃまぜだけど、これでいいんでしょうか。

また、windows8.1からは、「遊ゴシック」「游明朝」という、プロが使う美しいフォントがデフォルトで使用できるようになりました。
こちらは、mac(OS X Mavericks)にも同じもの(厳密には別のものらしいですが)が入っているので、両方使う方はもちろん、windows8をお使いの方にぜひオススメしたいです!
プレゼン発表の際などで使用すると、きっとより美しい印象のものができる!はず。
その際には、ぜひ遠山さんの「カーニングとトラッキング」に触れた記事を合わせてご覧下さいね。

「3位「HG丸ゴシックM-PRO」2位「MS 明朝」、1位は? 社会人に聞いた、好きなフォントランキング」
http://student.mynavi.jp/freshers/outline/2014/11/14110611.html
こんばんは!
アメよりムチ…じゃない、ガム派の宮田です。

前回の記事は固い感じだったので、新しく仕入れたウェアラブルデバイス(身に付ける端末)情報をお届けします。

今回は「LOTTE」の開発したウェアラブルデバイスのお話です。
皆さんは「LOTTE」、と聞くとどんな商品を思い浮かべますか?
…、私も思い浮かべて見たところ、雪見だいふくが浮かびました。
今ちょうどいい感じの季節ですね。
でも今回のウェアラブルデバイスと関係があるのはガムだったりします。
ちゃんとガムを思い浮かべなさい私。

…さて、長い前置きはおしまいにして本題に参ります。

LOTTEが開発したのはイヤホン型ウェアラブルデバイス「LOTTE RHYTHMI-KAMU」(ロッテ-リズミ-カム)です。

このデバイスの主な機能は下記の4つ。
・咀嚼タイミング計測
・咀嚼回数計測
・咀嚼スピード計測します
・素早く二回噛む事で音楽プレイヤーの再生をオン・オフできる

最後の機能が他の三つとはベクトルが違って不思議ではありますが、噛む事によって反応するデバイスです。
食事の時にイヤホンを付けながら食べるのはお行儀が良くないですが、自分が普段一回の食事に何回咀嚼しているのかは興味があります。
小さい頃によく噛んで食べる事を教わって、年月と共に次第に忘れてしまっていたので、今夜の食事はよく噛んで食べようと思います。

では、また次回お会いしましょう。
こんにちは。仕事で疲れたときは「ハスキー 笑顔」で画像検索をする、営業の森です。
今日は「検索連動型広告」についてのお話です。

検索連動型広告、いわゆるリスティング広告ですが、世間でも良く取り上げられるためかご存知の方も増えています。

知らない方はとりあえずGoogleでもYahooでも結構ですので、「ホームページ制作」で検索してみてください。
検索結果以外にたくさんの広告が出ると思います。
これが検索連動型広告です。
特定のキーワードを設定して、広告を出稿します。

なぜこの検索連動型広告が素晴らしいのかというと、ニーズの高いユーザーに広告を見せることができるという点が優れています。
「ホームページ制作」で検索をかけた人は、おそらくホームページを作りたいと思っています。
勿論、自分で作りたい人もいるかもしれませんが、大体は会社だったりお店だったりのホームページを作りたいと思っている人でしょう。
という事は、お客さんになる確率が高いということになります。

チラシ、DM、テレコール等の手法は、相手がホームページを作りたいと思っているかは分かりません。
とにかくたくさんの人に広告・営業を行い、ホームページを作りたいと思っている人を見つけるという方法です。
検索連動型広告は、その手間を省いて、欲しい人にだけ情報を出すことが出来るのです。

ですが、検索連動型広告に向いていないワードというのもあります。
例えば、ヘキサチューブという商品があります。
まだ若い木を、鹿害などから守るための道具です。
しかしヘキサチューブが世の中にあることを知る人は殆どいません。
ヘキサチューブで検索されることはほとんどないでしょう。

検索されるキーワードで、商品ニーズが強いキーワードを見つけることが大切なのです。

他にもいろいろやれることはありますので、いずれまた。
最近、面白い動きのサイトにときめきっぱなしの、ひよっこデザイナーの小林です。

先日、「B2Bwebマスター養成講座」を無事修了いたしましたので、今回はそのご報告をいたします。

「B2Bwebマスター養成講座」とは、どのような講座かと申しますと、

BtoBに強いWebマーケティング講師の、村上肇先生(http://www.e-b2b.jp/hajime/)の指導のもと、「顧客獲得につながるサイト」を作る講座です!

・自社の価値を知る
・Webサイトのコンセプトを考える
・訴求力のあるコンテンツを考える
・サイトの設計を考える
・サイトを作成する

といった内容を、全5回(8月~11月)に渡って試行錯誤しながら進めました。

というか、講座内でだけやってみて、はい終わり、という講座ではないのでまだまだ進行中です!

私自身が普段かかわるのは、最後の「サイトを作成する」部分がほとんど。

そのため、とりわけ最初は右も左もわからない状態で、毎回頭がクラクラしっぱなしでした。

サイトのコンセプトやターゲット、それに合わせて選ばれた言葉たちや構成は、デザインを制作する上でも重要な部分。

その根幹からの試行錯誤のプロセスを目の当たりにできたことは、ものすごい刺激になりました!

また、5回の講座を通して、参加者の皆様の「webサイトや会社・事業に対する切実な想い」に触れ、それを言葉にまとめていく難しさを思い知りました。

今までのそしてこれからのお客さまも、同じように様々な想いを持っているのだということを、忘れずにお仕事をしていこう、そう思っています。

村上先生、参加者の皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!

これからもがんばっていきます!
料理が苦手なデザイナー・尾関です。
苦手な理由は、食材のほうが私を避けるからです。

さて、皆さんは怪しいサイトに引っかかったりしたことありませんか?
通販詐欺だったり、いつのまにか個人情報が抜き取られていたり…。でも、見た目では全然わかりませんよね。
実は、サイトが危険かどうかを調べるサイトがあるのです。最近、テレビでも放送されました。

危険なサイトの情報を見られるサイト『aguse』
http://www.aguse.jp/

URLを入力するだけで、そのサイトがフィッシングサイトやブラックリスト入りのサイトなのかどうかが簡単に調げることができます。
少々読み込みに時間がかかりますが、そこは待ちましょう(笑)
ブラックリスト判定結果のところにいくつか項目があるので、「SAFE」でしたら安全です。
ただし、一個でも「CAUTION」とついてたら要注意です。

好奇心で、『aguse』で『aguse』の調査をしてみたら、「SAFE」でした。
お待たせしました!!
10月25日(土)に行われました2015年度内定式のダイジェスト動画が完成しました。早くみんなと働ける日を楽しみにしていま~す!
こんにちは、冷え性なデザイナーの遠山です。
以前カーニングとトラッキングのお話をしましたが、その二つだけでは綺麗な文字詰めができないときがあります。
時には自分の感覚で調整することも必要。
しかも、綺麗な文字組みをするためには文字詰めの他にも様々な調整が必要になってきます。

私もタイポグラフィは得意な方ではないので、今回は文字組みについてのあれこれがまとめられた記事をご紹介いたします。

「Webタイポグラフィの基本」
https://www.ficc.jp/blog/web_typography/

「Webデザイナー(私)によるタイポグラフィーレイアウトの注意書き」
http://webdesignrecipes.com/typography-layout-system/

「[Webデザイン] 文字組みについて本気出して考えてみた」
http://stocker.jp/diary/typographic/

「ポスターなどでのタイトルの文字の調整の実際」
http://www.dtp-transit.jp/adobe/illustrator/post_1288.html

まとめると、
1.句読点や括弧等の記号は詰める。
2.括弧は細いフォントを使うなどして控えめに。
3.助詞は小さく。
4.数字の後ろにつく単位(円や月など)は小さくしてメリハリをつける。
といったところに最低限気をつけておくとよさそうですね。

しかしながら、これが全てのデザインに当てはまるということではないのがデザインの難しいところですね。
こんにちはデザイナーの安藤です。
今回紹介させていただくのは、Word等でプリントされた書類から
テキストを復元する方法を紹介させていただきます。

こちらの方法を上手く活用できるようになると、いざ急いでテキストデータで準備しなければいけない時に、とても役に立ちます!

■必要なもの
・Acrobat Pro若しくはOCR機能がついたソフトウェア
・解像度が調整できるスキャナ

私がいつも活用していますのは、Acrobat Proです。
※Acrobat Readerでは編集はできません。

早速手順の紹介です。

1.書類をテキスト化したい書類をスキャナーで高解像度(350dpi程度)で読み込みます。
  ※うまく復元できる場合とそうでない場合があります。

2.スキャナーで取り込んだ画像をAcrobat Proを使ってPDF化します。

3.Acrobat ProのOCR機能を使いテキスト変換すると文字がテキスト化されますので、これで完了です。

用量をつかめば、簡単にマスターできるので、うまくいく場合とそうでない場合がありますので時と場合に応じてご活用ください。
専門学校 HAL名古屋から、インターンとして来ていたみなさんが一ヶ月の実習を終えました。

みなさんお疲れ様でした^^

それぞれ作業していた内容は違うと思いますが、いい経験がみなさん出来たのではないでしょうか。

自分の実力を発揮できたり、足りないところが見えたり、現場で働く先輩からのアドバイスをもらえたり・・・

日々、学校で勉強しているみなさんにとってアルタでのお仕事は、とても刺激になったのではと思います!

実習で得た経験をぜひ、これからの糧にして頑張っていってほしいです。
みなさん応援しています!